スマイルログ

SMILE LOG

神戸・阪神間・兵庫

「旧乾邸住宅」阪神間モダニズム建築の頂点に君臨する大邸宅

投稿日:

Hamzo
阪神間モダニズム !

江戸期から商人のまちとして栄え、大正から昭和初期にかけて日本一の商業都市となった大阪。

明治初期の開港より外国人居留地を拠点とした貿易が始まり、西洋の文化が早くから浸透したことによって、国際都市として独自の発展をみた神戸。

一大商都 “大阪” と、港湾都市 “神戸” 。二大都市の中間地点にあたる「阪神間」は、六甲山系と穏やかな海に囲まれた自然豊かなロケーションで、西宮や芦屋、御影など、現在も関西の住みたいまちランキングの上位を占める人気の土地としてよく知られていますよね。

六甲山から望む阪神間の夜景

今から100年以上前。商売で財を成した大阪の富豪や江戸時代から続く灘の酒造家たちが、風光明媚な阪神間に競うようにして屋敷や別荘を構えはじめます。

それらを背景に花開いた「阪神間モダニズム」と呼称される文化は、芸術・文学・建築など多岐にわたりますが、日本と西洋、伝統と革新が交錯しつつ、ハイカラでモダンな独自のスタイルを築きあげました。

旧乾邸住宅

神戸市東灘区を流れる住吉川の傍らの閑静な住宅街に建つ 旧乾邸住宅 は “阪神間モダニズム文化” 開花のさなか昭和10年頃に建築された大邸宅。

乾汽船株式会社を創始した乾新治氏の自邸として、近代建築の名手「渡辺節」氏の設計で建てられたこの邸宅は、現存する阪神間モダニズム邸宅のなかでも別格の存在感を持っていて、「キング・オブ・モダニズム住宅」と言っても過言ではない。

僕が “近代建築” の魅力に引き込まれるきっかけにもなったこの大邸宅には、過去に三度見学に伺っているが、何回訪れても飽きる事ない素晴らしい近代住宅建築です。

今回は築後80年を経ても尚、色褪せない大邸宅の魅力に迫ってみたいと思います。

エキゾチックなアプローチ

1200坪という広大な敷地の東南に設けられた重厚な正門を潜り、邸宅と庭園を横目に苑路を進むと、なんともエキゾチックな様相の車寄せにたどり着く。ここらあたりから旧乾邸住宅の持つ世界観に引きづりこまれてゆく。

竜山石と呼ばれる黄土色の自然石で壁面と列柱を積み上げ、土間は花崗岩が敷き込まれている。アーチ状の天井には布目を施したタイルが幾何学模様に貼られ、味わいあるオリジナルのペンダント照明がアプローチに灯を照らします。

コントラストが美しい玄関ホール

賓客を迎えるメインの玄関を入ると高く吹き抜けたホールになっていて、そこにはチーク材を用いた重厚な壁面装飾が施されており、吹き抜けの高い天井をめざすかのように取り付けられた豪華な階段は、玄関ホールを格調高く迫力ある空間へと導いています。

中二階から二階にかけて設けられた大きなステンドグラスから差し込む柔らかい陽が、アカンサスの葉と花をモチーフにした階段装飾の透し彫りをより立体的に印象付けている。

ちなみに、この階段装飾を始め旧乾邸の重厚な内装家具装飾を手掛けたのは、1872年(明治5年)から現在も神戸で西洋家具造りを行なっている「永田良助商店」三代目の仕事。

壁上部にはイギリスの伝統様式にも見られるタペストリー絨毯が掛けられているのですが、旧乾邸のものは京都の川島織物製のタペストリーで、デザインされているのが “安芸の宮島の祭りの風景” というのが何ともユニークだが、何ら違和感を感じないのが面白い。

では、旧乾邸住宅の顔とも言える「ゲストルーム」へと続く扉を開けましょう。

圧巻のゲストルーム

吹き抜け空間の南側に配された、大きなステンドグラス窓からはいっぱいの光が差し込み、高さ15mの天井からは直径1mはあろう豪華なシャンデリアが吊るされている。床にはナラ材のフローリングがヘリンボーン貼りで施され、小気味よいリズムを演出しています。

このゲストルームは英国ルネッサンス初期のジャコビアン様式の意匠で図られており、いわゆる華麗で重厚な装飾に特徴が見られます。「渡辺節」の設計では “大阪綿業会館” の談話室の内装意匠も同じ様式。

大理石で造られたマントルピースにも、葡萄をモチーフとしたチーク材の装飾が施されています。中央に飾られた「小磯良平」の婦人画が、重厚な空間に柔らかさを与えている様で何とも心地よい。

和洋様々な様式の居室たち

旧乾邸にはかつて、母屋と渡り廊下で繋がる素朴な和館も存在していたそうですが、震災などの影響で現在は残されていません。とは言え、母屋だけでも16室あるという巨大な邸宅。

和洋様々な様式の居室があり、往時の生活の面影を残したまま保存されています。

とどめの泰山タイル

大正・昭和初期のモダン建築マニアとしては必ず目がいく装飾タイル。旧乾邸の要所にもタイルがふんだんに使用されていますが、正面玄関および、内玄関に施されているタイルは、泰山製陶所で焼かれた泰山タイルだと思われます。

泰山タイルは、大正から昭和初期を最盛期に様々な名建築で用いられたレア建材ですが、旧乾邸の設計者 渡辺節 の代表作である、大阪綿業会館に、窯変を巧みに活かしたタペストリータイルが渡辺節自らの手によって施工されている事はよく知られています。

旧乾邸のガイドの方にお聞きしても詳しい文献は残っていないそうで、推測の域ではありますが、同じ昭和初期の建築であり同じ設計者、何より独特の 布目の風合いなどから高い確率で泰山タイルだと思います。

まとめ

現存する阪神間モダニズム建築のなかでは最大級の旧乾邸。

建物も含めた敷地全体が建築当時の趣きを伝える旧乾邸は、門や塀も含めた敷地全体が神戸市指定有形文化財に指定されていて、庭園も神戸市指定名勝となっています。

旧乾邸住宅 庭園

またこの大邸宅は映画やドラマのロケ地としても使用されています。首相官邸として映画 日本のいちばん長い日 に登場した旧乾邸は、有名俳優にも引けを取らない存在感を放っていました。

旧乾邸の建築費用は当時の40万円(現在では約20億円)と言われています。同じく昭和初期に大阪市民の寄付によって再建された大阪城天守閣の建設費用が50万円なので、個人住宅の規模としてはありえないぐらいの贅をつくした建物という事がわかりますね。

旧乾邸住宅は常時公開している施設ではなく、現在は春と秋の年2回だけ不定期に特別観覧が行われています。数年前までは電話予約で比較的簡単に予約が出来たのですが、近年は往復ハガキでの予約になっていて、かなり高い倍率の抽選と聞きました。

開催時期は神戸市のホームページで数ヶ月前に告知されますが、SNSアカウントをお持ちの方は、神戸市広報課 の Facebookページ か、 ツイッターアカウント 。もしくは神戸で開催されるイベントを配信している 神戸ジャーナル の facebookページ で、特別観覧案内を知らせてくるのでページ登録しておくと便利です。

古き良き時代に時の富豪が過ごした大建築が、往時の面影を残したまま、これからも阪神間モダニズム文化を伝えるものとして、後世に残ってゆく事を期待しています。

では、また!

関連記事

阪神間の名建築を、映画「日本のいちばん長い日」に思いを馳せて巡ってみる

阪神間とモダニズム文化 阪神間とは読んで字のごとく大阪と神戸 ...

続きを見る

嗚呼、麗しの「泰山タイル」を探して近代建築を巡る

「泰山タイル」なるモノをご存知でこのページを開いて頂いた方は ...

続きを見る

今回行った場所

-神戸・阪神間・兵庫
-

Copyright© SMILE LOG , 2018 All Rights Reserved.