スマイルログ

SMILE LOG

京都

「UNKNOWN KYOTO」五条楽園の生きた遊郭建築に泊まる!

更新日:

S.L
旧五条楽園へ!

京都、旧五条楽園 

五条大橋の南側、鴨川と寄り添う様に流れる高瀬川を中心に広がるその界隈は、幕末期から明治期にかけて、五条新地、六条新地、七条新地という隣接する複数の遊里が大正時代に合併して形成された京都最大の旧遊廓地帯のこと。

通称「七条新地」として栄えた廓は、戦後の赤線時代を経て、昭和33年から平成22年までの約半世紀は「五条楽園」と名を変えて賑わいを見せた。

最盛期には150軒ものお茶屋や置屋があり、つい近年まで現役の色街であった旧五条楽園跡には、その名残を持ったお茶屋建築やカフェー建築がちらほら残り、独特の風情が漂う京のまちでもある。



UNKNOWN KYOTO


UNKNOWN KYOTO「南棟」


UNKNOWN KYOTO「北棟」

UNKNOWN KYOTOアンノウン キョウト は、旧五条楽園に並んで建つ二棟の遊廓建築をリノベーションして出来た宿泊複合施設だ。

ほぼ、遊郭時代のまま遺された外観は、当時のトレンドだった煉瓦やタイルなどを用いた意匠を持ち、明らかに一般の民家とは異なる佇まいをしている。

泊まる(ホステル)・食べる(レストラン)・働く(コワーキングスペース)を併設した店内には、古き京都の花街文化の面影がとてもよく遺されていた。

二階・遊廓に泊まる

北棟、南棟、二棟の建築共に正確な築年は不詳であるものの、明治44年には登記の記録があるため、少なくとも100年以上前から当地に存在する事になる。紆余曲折を経て現在の建物形態に至ったのであろう。

両棟の二階部分に配された、ゲストルーム(宿泊部屋)には往時の建築意匠が既存のまま遺されていて、様々な物語が繰り広げられたであろう昭和の色香が色濃く感じられた。

仄暗く長い廊下に沿って小部屋が続く間取りは、山口の 芳和荘 や、青森の 中村旅館 、大阪の 鯛よし百番 などに見られる、元妓楼特有の類似性がある。

築100年を超える木造建築ながら建物の歪みなどもなく、ゲストルームの数々は上手く新旧を融合させ、過ごしやすさと清潔さを感じる部屋ばかりだった。印象に残った部屋を幾つか紹介しよう。

ゲストルーム 其の一

船底天井、聚楽壁じゅらくかべで仕上げられた純和風のゲストルーム。欄間の意匠に元妓楼の名残を感じる。

ゲストルーム 其の二

黒の腰板と緑の塗壁で仕上げた高天井のゲストルーム。天窓を設えた天井は構造材があらわしの意匠になっていて、どこか山荘のような雰囲気も感じられる。

ゲストルーム 其の三

簡素な造りながらゆとりを持たせたゲストルーム。小ぶりなペンダントライトと、水玉模様のドアが可愛らしい。

これらのゲストルームを利用されるお客さんの中には、元遊郭ということに興味を持って宿泊される方も多いそうだ。私がこちらに撮影取材でお邪魔した際には、女性一人で宿泊利用されている方もいらっしゃった。

そう、元妓楼のディテールを残しながらも、うまく現代風にアレンジされているので、「元遊郭の建物ってなんだかちょっと怖い...」という感覚を全く感じさせないのだ。

元遊郭の陰影

数年前まで旧五条楽園内には、多くの元遊郭建築が存在していたが、年を追うごとにその数が減少している。立派な唐破風を持った五条楽園一の大店「三友楼」も2021年末に解体されてしまった。

元妓楼に散りばめられた建築意匠や当時の建材は、往時の花街文化を伝える貴重なものが多く、解体されるともう二度と見れないというものも少なくない。

「極力、既存を残す」をコンセプトにリノベーションされた UNKNOWN KYOTO には、元遊郭を彷彿させるディテールがたくさん遺っている。



一階・カフェーの面影

UNKNOWN KYOTO南棟は、五条楽園当時、友喜ゆうき という屋号のカフェーだったという。

カフェーとは女給サービスを伴う飲食店のことを指すが、戦後には女給名目の娼妓がいるカフェーが赤線で大流行した。豆タイルや曲線を多用した洋風のカフェー調の意匠をふんだんに取り入れて造られた建物には、それ特有の哀愁の様なものがある。

UNKNOWN KYOTOは北棟、南棟共に、ほぼ同じ大きさで、間口が狭く奥行きが長い京町家の建物形状をしている。北棟一階はレストランとして、南棟一階はコワーキングスペースとしてリニューアルされている。


南棟一階(コワーキングスペース)

会員であれば24時間コワーキングスペースを利用する事が可能で、利用者同士の緩い交流があり、一人で仕事をしているようで仲間といるような連帯感が得られるのがこのスペースの魅力だという。


南棟中庭

もともとは和室だったというフリースペースの土間には、リノベーションの際に畳をめくったら出てきたというクリンカータイルがそのまま遺されている。

なんせ築百年を超える建築なので、その時代に合わせて何度も改装されたのであろう事が伺える。古建築には古いアルバムみたいに時の記憶の断片が刻まれていて楽しい。

泰山タイルのあるリビング

コワーキングスペースの一角に配されたリビングには、泰山たいざんタイルで装飾された暖炉がある。

泰山タイルとは、池田泰山が京都九条に開いた泰山製陶所によって焼かれた装飾タイルのこと。大正から昭和初期にかけて一世を風靡した泰山タイルは、その類まれなる意匠性によって当時の著名な建築家も各々の作品に多く取り入れた。

東京白金の 旧朝香宮邸 や、大阪船場の綿業会館など、贅の限りを尽くした建築にも用いられる一方で、お膝元の京都では、 島原遊郭橋本遊郭 、そして五条楽園などの花街にも多く取り入れられている。

時の花街が持っていた艶っぽい雰囲気と、泰山タイルの妖艶な装飾美がうまくマッチしたのだろう。UNKNOWN KYOTOに遺された泰山タイルは、木工の造作家具が埋め込まれたとても珍しいものだ。

あとがき

数が少なくなった旧五条楽園の古建築群だが、当時の歌舞練場であった五条会館が今も遺り、2022年4月には旧任天堂本社屋が安藤忠雄設計監修のホテル「丸福樓」としてリニューアルオープンした。

このまちのファンである私は、旧五条楽園が古き京都の文化を伝えるまちとして、UNKNOWN KYOTOと同じ様に上手く保存されてゆく事を願ってやまない。

この度、撮影取材にご協力頂いた UNKNOWN KYOTOの店主さんから、この建物に興味を持って頂いた方へ・・・と、以下のメッセージを頂戴した。

UNKNOWN KYOTO の雰囲気は、百年を超える時を経てこそ出せる、唯一無二のものだと思っています。その分、冬は寒さが堪え、遮音性にも欠ける面などもありますが、そういった不便さや、人と人の緩やかな交流など、この建物、この場所だからこそ味わえる時間を、皆さまにも感じていただけると幸いです。

撮影取材協力:UNKNOWN KYOTO





今回行った場所

UNKNOWN KYOTO

関連記事

京都最大の旧色街「五条楽園」の遊郭建築と下町レトロ散歩路

京都の象徴として多くの人々に愛され、親しまれている 鴨川 。 ...

続きを見る

「丸福樓」任天堂旧本社社屋の面影を遺す歴史的建造物ホテル!

丸福樓「旧倉庫棟 ♣ クラブ」 昭和初期に建てられたモダン建 ...

続きを見る

蘇れ ! 京都旧花街のシンボル「五条会館」 築100年の大歌舞練場

花街かがい とは舞妓まいこや芸妓げいこがお客様に芸を披露した ...

続きを見る

京都「多津美旅館」橋本遊郭跡の生きた遊郭建築に泊まる!

京都橋本「多津美旅館」 “京街道” とは、もともと大阪と伏見 ...

続きを見る

「京都 島原」 日本最古の花街を歩いて、遊郭建築と100​年の珈琲を堪能する

島原の道筋(明治期) 千年の都、京都の町をあっち行ったりこっ ...

続きを見る

「鯛よし百番」生きた遊郭建築と飛田新地の歴史を喰らう!

飛田新地「鯛よし百番」 今はなき “遊郭” の歴史は実に安土 ...

続きを見る

金沢「宿 陽月」ひがし茶屋街の生きた遊廓建築に泊まる!

石畳の通りに木虫籠の町家が整然と並ぶ金沢市の ひがし茶屋街 ...

続きを見る

青森「新むつ旅館」生きた遊郭建築に泊まる! 八戸に残る一軒宿

新むつ旅館(旧新陸奥楼)顔見世の間 青森市、弘前市ひろさきし ...

続きを見る

青森「中村旅館」生きた遊郭建築に泊まる!黒石に残る遊女の幻

中村旅館がある 黒石市 は青森県のほぼ中央、津軽平野の南東端 ...

続きを見る

「芳和荘」生きた遊郭建築に泊まる ! 萩の町と歴史を重ねた100年

萩市 東浜崎 「芳和荘」 歴史的風土が色濃く残る山口県 萩市 ...

続きを見る

「麻吉旅館」生きた遊郭建築に泊まる ! お伊勢参り精進落とし

伊勢 古市 「麻吉旅館」 木々の葉が少しずつ色づき始め旅欲も ...

続きを見る

大和郡山「旧川本邸」昭和遊女の香り漂う三階建の遊郭建築

洞泉寺町遊郭 「川本楼」 奈良の建築というと歴史ある格式の高 ...

続きを見る

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-京都
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© SMILE LOG , 2022 All Rights Reserved.